風邪というと、皆さんはどんな漢方薬を考えますか。
大抵の人は「葛根湯」というでしょう。
それくらい葛根湯は有名な漢方薬です。
でも、風邪 = 葛根湯 と考えると大変危険です。

漢方では、風邪を大きく2つに分けています。
一つは、赤い風邪。
もう一つは、青い風邪です。

赤い風邪は、寒気が少なく、のどが乾き、熱が高い状態です。
このような時は、熱を冷ます働きの強い 
連翹 薄荷 金銀花といった生薬の入った漢方薬を使います。
有名なものが「銀翹散解毒散」です。

青い風邪は、寒気が強い場合です。
節々の痛みや、頭痛などを伴います。
熱は、いまにも出そうな感じです。
この時こそ、葛根湯を使います。


青い風邪は、時間がたつと赤い風邪に移行する場合があります。

気を付けなければいけないのは、
寒気が少なく、熱が主で、顔が赤く、口渇があり、のどが痛い時に、
葛根湯を使うとかえって症状がわるくなる場合があるという事です。

これ以外にも、体の中に余分な水分がたまった、黄色い風邪もあります。
梅雨時や夏場に多い風邪で、いわゆる夏風邪というものです。
主な症状は、熱はあまり高くなく、体がだるく、
吐き気や下痢などをともなうものです。
舌には白い苔が厚くついています。
こんな時は、霍香正気散を用います。

あなたの救急箱にも、
「葛根湯」「銀杏解毒散」「霍香正気散」
をそろえておくと、いざという時にとても役に立つのではないでしょうか。







トップにもどる