肝炎というと、すぐ思いつくのが肝機能検査です。
肝機能検査はGOTGPTの事です。
これらは、肝臓にある酵素です。
通常は肝臓の中にあります。
もし、肝臓の細胞が破壊されると、この酵素が血液中に流れ出して、
血液中のGOTやGPTの量が多くなります。
つまり、GOTやGPTが高いという事は、肝臓の細胞が壊されているという事です。
ここで、大切な事があります。
肝臓の細胞を壊すのはウイルスではないという事です
ウイルスをやっつけるために、身体の抗体が肝細胞を壊すのです。
つまり、GOTやGPTが高いという事は、
ある意味、免疫が充分に働いている
という事です。
ただし、この時は肝臓の細胞もどんどん壊されている状態で
体や肝臓の負担もとても大きい状態です。

 
ウイルスと抗体の関係

 1.ウイルスと抗体がどちらも多い場合
    ウイルスと抗体の間で激しい戦いがおこります。
    多くの肝細胞が破壊され、肝機能の数値は悪くなり、時に黄疸がおこります。
    漢方的には湿熱という状態がおこります。
    清熱利湿作用のある漢方薬などを用います。

 2.ウイルスが多く抗体が少ない場合
   ウイルスに対抗するだけの抗体が無いので、肝機能の数値はあまり高くなりません。
   しかし、確実にウイルスの量は増えていきます。


 3.ウイルスが少なく、抗体が多い場合
   ウイルスは抗体によってどんどん減っていきます。
   抗体が多いので、肝機能の数字は抗体が少ない時よりもやや高くなります。
   しかし、ウイルスが無くなれば、肝機能の数字も正常になり、治癒します。
   これは理想的なタイプです。

 4.ウイルスも抗体も少ない場合
   潜伏した状態です。
   症状は殆どありません。
   

漢方薬を決める時は、ウイルスの量と抗体の量だけでなく、
体質のさまざまな問題を
考慮してお薬を決める必要があります。

特に、肝炎だからこの漢方といった体質を無視した使い方は
正しい漢方の使い方とは言えません。


トップにもどる