微熱の原因は、いろいろ考えられます。

気滞
 ストレスなどで、気の流れが悪くなって、気が鬱滞しておこります。
 熱が出たり引いたりするのが特徴です。
 それ以外には、イライラしたり、生理前に特にイライラが酷くなり、胸が張るとか、
 頭の横の部分が痛くなったりします。
 目もよく疲れます。
よく使うお薬は、気の流れを良くするような漢方薬などです。

血淤
 血の汚れが原因です。
 肩がこったり、生理の色が黒っぽくなります。
 生理痛があり、舌や歯茎の色などもすくんできます。
 熱は、どちらかというと、夜に出る事が多いようです。
よく使うお薬は、淤血を改善するような漢方薬などです。

痰湿・湿熱
 湿という毒素がたまって、気血の流れを阻滞しておこります。
 湿は、食べ物で、脂っこいものや甘い物を食べ過ぎるとたまってきます。
 体質的に胃腸が弱い場合でも、湿がたまりやすくなります。
 湿に熱がからむと、湿熱になり、この場合は、顔が赤黒い、尿が黄色いなどの
 症状が出てきます。
よく使うお薬は、痰湿や湿熱などを取り除く漢方薬などです。

気虚
 エネルギー不足です。
 疲れてくると、手足などがほてり、酷くなると熱が出ます。
 体質的に体力の無い人や、疲れがたまっている時、病後などに多く見られます。
よく使うお薬は、気を補う漢方薬です。

血虚
 血液の不足です。
 生理などで血液を消耗しすぎると起こります。
 また、食事などの不摂生が原因の事もあります。
 夕方から夜にかけて熱が出ます。
よく使うお薬は、血を増やす作用のある漢方薬などです。

陰虚
 栄養液の不足です。
 ストレスなどで、気を消耗しすぎると、栄養液も消耗します。
 陰虚の特徴は、舌の色が赤い、寝汗、熱感です。
よく使うお薬は、滋陰作用のあるような漢方薬などです。



トップにもどる