周期療法、体内浄化法と疎肝理気法


 
 
周期療法は生理の周期にあわせて、いくつかの漢方薬を使う方法です。
基本的には生理期は活血薬を使い子宮を綺麗にします。
低温期は補腎薬を使い、卵巣の機能を助け、良い卵が膨らむのをサポートします。
排卵期は、理気薬を使い排卵がスムースに行われるようにします。
高温期は、補血薬で内膜に潤いを与えて着床を助けたり、補陽薬で高温期が安定するようにサポートします。
この方法は、高年齢の方、卵巣機能が衰えている方、体外でもなかなか良い卵がとれない方に適しています。

体内浄化法は、子宮や卵巣の周りにたまった汚れを綺麗にする方法です。
卵巣の周りに汚れがたまると排卵しにくくなります。
また卵管采の汚れはピックアップ障害をおこします。
卵管の汚れは、妊娠しにくくなるだけでなく子宮外妊娠の原因にもなります。
子宮の中の汚れは着床障害を起こします。
不妊というと、ついつい卵の質と考えてしまいますが、実は卵の質以外の要素の方が多いのです。
もし、不妊の原因が卵の質だけなら、体外受精は意味がなくなってしまいます。
体外受精を行っても卵の質は良くならないからです。
体内浄化は、排卵障害のある場合、原因不明の不妊症、体外の場合の着床障害に適しています。

疎肝理気は、気の流れを調える方法です。
気とは目に見えなくて働きがあるもので、ホルモン、自律神経、免疫などです。
流産の原因の一つとてして、抗リン脂質抗体、抗核抗体などがあります。
これらの抗体は流産だけでなくて着床障害の原因にもなっていると考えられています。
また、中国では抗卵巣抗体、抗内膜抗体なども調べられています。
年齢の若い人でFSHが非常に高い場合、抗卵巣抗体の可能性があります。
抗内膜抗体があると、ホルモン値はよくても内膜があつくなりません。
また、プロラクチンが高かったり、FSH/LHのバランスが悪いと排卵しにくくなります。
これらは、中国医学的には気の流れと関係します。
疎肝理気法は、漢方薬で気の流れを改善して妊娠率を高める方法です。



 





トップにもどる