目の疲れ・眼精疲労

目は中医学的には肝との関係が最も深いと考えます。 ですので、目の疲れ、眼精疲労は肝から治療していきます。 中医学で有名な言葉に「肝は血を受け、よく物を見る」と言われます。 つまり肝に血が沢山あると、目がよく見えるという意味です。 肝の血が不足すると、目が見にくく疲れやすくなります。 ですから、目の疲れには肝を補う事が大切です。 現代医学的にも、レバーにはビタミンAを始め、目に良い成分が沢山含まれています。 肝をもって肝を養うという点からもレバーはおすすめの食品です。 肝を支えているのは腎です。 腎の中には精が含まれています。 また腎陰は体に潤いを与えています。 肝腎同源といって、腎の精や腎陰が肝を養っています。 この点から肝を補うだけでは不足で、腎を補う必要もあります。 そこで考えられたのが「杞菊地黄丸」という、目の疲れで最もよく使う処方です。 飲む目薬とも言われています。 目の疲れがある場合は、血流が悪くなっているケースが多いです。 せっかく杞菊地黄丸を飲んでもあまり効果が出ない場合は、血流を良くする冠元顆粒などを併用すると良いでしょう。 また、紅沙棘という木の美は、目の乾燥を防ぎ、目の疲れに杞菊地黄丸とよく併用します。