蓄膿症

私は蓄膿症の場合、「宿邪 しゅくじゃ」という考え方で漢方を使っています。
宿邪とは、体のとそからやって来た邪気が体内に住み着いてしまった状態です。
外からやってくる邪気としては
風邪  カゼとか、花粉などのアレルギーなどです
湿邪  湿気の多い場所に住んでいるとか、雨が多い状態が続くなどです
寒邪  冬の寒さや、時にはクーラーなどです。
燥邪  秋などの空気の乾燥が原因です。
また、体表からではないですが、食滞なども宿邪の原因と考えます。

これらの宿邪は、化熱しやすい性質をもっています。
はじめは冷えでサラサラの鼻水だったものが時間がたつと熱がこもって、粘っこい鼻水になりさらに進んでくると黄色い鼻水になります。
特に湿邪が化熱すると湿熱という状態になり、最も蓄膿症を起こしやすい状態となります。

湿熱の状態が長く続くと、血流に影響が出てきて瘀血という状態になります。
ですから、湿熱と瘀血の改善が蓄膿症の改善にとってとても大切です。
ただし、忘れていけないのは、宿邪は外邪なので、追い払う必要があります。
それぞれの外邪の性質を見極めて、去風薬を使います。
また理気薬は鼻水の排泄にも有利なので、必要によってよく使います。
生薬単位で言えば
化熱して熱が強い場合  石膏 枇杷葉 金銀花 連翹など
つまりがひどい場合  桔梗 枳実 白し 川芎 辛夷 など
などが含まれた処方をよく使います。
また鼻は肺に属し、肺と大腸は表裏なので、便秘がある場合は便秘の改善も大切です。