鼻炎・アレルギー性鼻炎

慢性鼻炎とアレルギー性鼻炎は、中医学的にはあまり区別しませんので、ここではアレルギー性鼻炎について述べます。
アレルギー性鼻炎の原因は、外からやってくる風邪(ふうじゃ)というアレルギーが、体内の湿とか、寒とか、熱といったものと結びついて起こると考えられます。

風邪(ふうじゃ)とは、自然界にあって、変動の激しい邪気を意味しています。
風邪の特徴は痒みです。
この風邪は、それほど強い邪気ではありません。
風邪におかされても、大抵の人は何の反応もありません。
しかし、体内に、湿とか、寒とか熱とかいった邪があると、外からやって来た風邪と結びついて、アレルギー性鼻炎を引き起こします。

花粉症が毎年おこるのは、花粉症の季節が終わっても見えない形で風邪が残っているからです。
この見えない風邪を伏風(宿風)と言います。
この伏風を治さないと毎年発症します。

鼻炎の原因の一つに体内の汚れがあります。
汚れの種類として湿が原因の場合
脾に湿がある場合 胃腸に余分な水がたまっている場合です。
脾の湿をとる漢方薬などを用いて、水分をとってあげます。
肺に湿がある場合
肺に湿がたまる原因は、脾にあります。
脾の機能を活発にしていけば、肺の水は自然になくなります。
肺の湿をとるような漢方薬を用いまいす。
腎に湿がある場合
腎に湿がある場合は、補腎作用がある漢方薬をよく用います。
どの場合も食生活の改善が必要です。

寒が原因の場合
肺に寒がある場合
肺が冷えている場合です。肺を温める作用のある漢方薬などを用います。
脾に寒がある場合
胃腸が冷えている場合です。
腎に寒がある場合
腎陽を補うような漢方薬をよく用います。

熱が原因の場合
肝に熱がある場合
肝胆系の湿熱をとるような漢方薬を用います。
脾胃に熱がある場合
脾胃の熱をとるような漢方薬などを用います。

アレルギー性鼻炎の症状が激しい時は、去風薬を使って、入ってきた風邪に対処します。
慢性鼻炎から蓄膿を起こしている場合は肺系の湿熱をとるだけでなく、胃腸の湿熱をコントロールする事が大切です。
湿熱の状態が長く続くと粘膜に古血がたまり瘀血の状態になります。
この場合は活血化瘀の治療を併用する必要があります。