北京研修

    北京研修
北京の漢方専門の病院での研修の様子です。
今では中国に行く人も多くなりましたが、この写真は1983年から1992年ころのものです。
昔なつかしい中国の風景です。

中医医院の正門で
外来の前で記念写真

研修の内容は、主に中医学(漢方薬)を使った臨床実習です。 

臨床以外の授業もあります。

教室での授業 うーん。全部漢字だ。 (^^;
中医医院の薬房
さすがに今は近代的になってもっと衛生的です。
この写真のようですと、ちょっと入院したくないですねぇ。
パソコンの中医診療もあります。
でもちょっと旧型? 
今は、きっと新型になっているでしょう。(*^_^*)

こちらは北京で有名な薬草圜

尊敬する老中医と一緒に

焦樹徳先生
注) とっても若い頃の写真です。
今はもう亡くなっています。
ご冥福をお祈りしています。

路志正先生 
中医薬研究会の顧問をされています。

いつも温厚な 周志成先生 

こちらはいつもお世話になっている、中日友好病院の史載祥先生

中医の世界では30才、40才は鼻垂れ小僧といいます。
私がまだ鼻垂れ小僧の頃の写真でした。