和解薬

急性病の場合、邪気が表から少し内部に入り込み、裏まで行かない状態にある場合、
これを半表半裏に邪気がある状態と考えます。
経絡的には三焦経や肝経に邪気がある状態です。
この時によく使うのは柴胡を含んだ処方です。
邪気がやや表よりの場合は柴胡桂枝湯を、邪気が裏よりの場合は大柴胡湯を考えます。
ちょうど半表半裏に邪気ある場合は小柴胡湯をよく使います。
慢性病の場合でも、邪気が肝経や三焦経にあると考えられる場合はこれらの処方を使います。
和解薬は、多くは気と水の流れを改善するものが多いです。
ですので、やや乾かす性質があるものが多いです。
苔が白く、厚くなっていて、口がまずいなどの症状がある人に適しています。

瀉下薬

瀉下薬というのは、簡単に言えば下剤です。
どんな時に瀉下薬を使うかは、基本的にはお腹に邪気がたまっている時です。
慢性的な便秘のような場合は麻子仁丸など腸を潤しながら便を出すものを使います。
邪気が表から裏に入り込んだ場合も邪気を追い出すために瀉下薬を使います。
代表的なものが大承気湯です。
急性病で、高熱で全身から発汗して意識が朦朧とする場合に大承気湯で下すと
意識がはっきりして、熱も下がる事があります。
ただ、現在ではこのような重症の方は入院されていますし、西洋医学の治療が優先されて大承気湯が使われる事はまずありません。
大承気湯は腸の熱をとる作用が強く、腸の熱は肺の熱とも関係しています。
肺と大腸は表裏です。肺は臟なので蔵するだけで出口がありません。臟の熱は体温する腑から出すという治療原則があり、肺の熱は大腸から出すという治療法則になります。
また、下痢をしている時に瀉下薬を使うケースもあります。
これを引勢利導と言います。
腸の中の毒素が原因で下痢をする場合、瀉下薬で早く毒素を排出させれば自然に下痢は治まるという考え方です。

解表薬

邪気が体表にあるときは、発汗させる事によって邪気を追い出す方法が一番手っ取り早い方法です。
邪気が体表にあるのに、下法や利尿を使うと邪気を体内に引き込んでしまい、病気が長引く可能性もあります。
邪気が体表にあるとは、悪寒、発熱、頭痛、節々の痛みがあり、脈が浮の場合です。
これ以外の場合でも解表薬を使う場合もあります。
肺気不宣で、咳が出る場合とか、蕁麻疹など発疹がある場合などです。
解表薬には辛温解表薬と辛涼解表薬があります。
邪気が寒邪の場合、温めながら汗を出して邪気を追い出す方法を使います。
これを辛温解表と言い、葛根湯とか麻黄湯などが有名です。
もし邪気が熱邪の場合は、辛涼解表薬を使います。
代表的なものが、銀翹散です。
寒邪と熱邪の1番の違いは寒気があるかどうかです。
体表の邪気が寒邪の場合は寒気が伴い、節々の痛みなどを伴う事が多いです。
これに対して体表の邪気が熱邪の場合は熱感を伴い、喉が渇きます。
喉の痛みは風熱型に多いですが、風寒でも喉の痛みが出る事もあります。

中医学の治則

中医学で、病気を治す大原則のようなものを治則と言います。
弁証論治の論治にあたる部分です。
治則は治療の方法です。
治則が決まれば方剤を考えて、さらに加減をしていきます。
代表的な治則は
 解表
 瀉下
 和解
 清熱
 去暑
 温裏
 表裏双解
 補益
 安神
 開竅
 固渋
 理気
 活血
 治風
 治燥
 去湿
 去痰
 消導
 駆虫
 吐法
などがあります。
少しずつ解説して行きたいと思います。

臓腑辨証

臓腑辨証は慢性病では1番よく使われる辨証方法で、急性病でもよく使います。
人間の身体を五臓と五腑に分類します。(経絡は六臟六腑)
五臓は、肝、心、脾、肺、腎です。
 肝は肝臓以外に自律神経や目と関係します。
 心は心臓以外に、脳の働きも含みます。
 脾は胃腸の消化、吸収と代謝です。
 肺は肺だけでなく皮膚とも関係があり、免疫と関係します。
 腎は腎臓以外には、子宮とか精巣、また骨、髪の毛、耳など老化とも関係しています。
人間はこれら全部が丈夫なら問題はありませんが、どうしても弱い部分があります。
これらの部分の機能が低下したり、また低下した場所に汚れがたまったりして病気がおこると考えます。
また、急性病のような場合は外から来た邪気が色々な臟を直接攻撃します。
臟は「貯蔵」の意味があり、正気を貯める場所と考えます。
これに対して腑は中空の管のようなもので、中身を運ぶ性質があります。
胃、大腸、小腸、胆、膀胱などです。
これらの働きは現代医学の考えとほぼ共通しています。

気血津液辨証

六経辨証、衛気営血辨証、三焦辨証が病気がどの場所にあるかを判断する方法でした。
これを定位と言います。
これに対して、気血津液辨証は定性といって、病気の性質を調べる物です。
気については、不足している気虚と流れが悪くなっている気滞があります。
気虚はエネルギー不足です。
一口にエネルギーと言っても色々な種類があります。
筋肉を動かすエネルギー、胃腸を働かせ食べた物の消化や吸収を行うエネルギー、肺や心臓を動かすエネルギー、考える力、尿を出す力など様々なエネルギーが私たちの体内で働いています。
これらの力が不足している状態が気虚。そして働きがスムースに行かないものを気滞と言います。
免疫機能や自律神経なども気の一部と考えます。
血は不足している血虚と汚れがたまった瘀血があります。
また血流の悪い状態を血瘀と言います。
津液とは栄養液とか身体の潤いを意味します。
潤い不足の津液不足と、汚れた水がたまった痰湿があります。
ただ、津液不足と痰湿は同時におこる事があります。
身体に必要な潤いは足りなくて余分な水が多いという事です。

衛気営血辨証

衛気営血辨証は、温病を治療するために考え出されたものです。
急性伝染病には、悪寒がつよくて後に発熱してくる傷寒型と、悪寒はあまりなく熱寒がつよくすぐに発熱する温病型があります。
この2つはあまり区別されていませんでしたが、金・元の頃になると、区別した方が良いという考え方が一般になってきます。
その後、明・清の時代になってやっと「温病」という一つのカテゴリーが出来て温病の治療方針として衛気営血辨証がうまれます。
衛気営血辨証は、清代の葉天士という人が「温熱論」という書物の中に書かれている辨証方法です。
病気の初期を衛分といいます。
この次期は少し寒気があり、まだそれほど熱は出ていません。
体表の邪気を発散してとりさる方法を使いますが、傷寒のように温める処方は使いません。
考え出されたのは辛涼解表という方法です。
薄荷などを主に使い、冷やしながら発散する方法です。
気分証になると、熱がつよくなり、呼吸もあらくなり、汗が沢山でます。
この次期は清熱を主にして、白虎湯などが使われます。
ただ、邪気が何処に入ったかによって病状は違い、気分証の治療は1番複雑となります。
さらに邪気が一歩すむと、営分にはいります。
この次期になると、意識障害が出たり斑疹が出たりします。
ただ、この次期はまだ邪気を気分に引き戻す事が可能な状態です。
さらに深い血分になると病気の最終段階となり、涼血解毒という方法で対応する事になります。
傷寒と温病は確かに共通する部分もありますが、違う部分も多く、傷寒の治療を温病に当てはめるのは妥当では無いと考えます

六経辨証

六経辨証は、今から2000年くらい前に書かれた『傷寒論』という本の中に記載されている方法です。
2000年も前に作られた理論が今でも通用する所が漢方のすごい所です。
『傷寒論』は、傷寒という病気について書かれています。
傷寒は、主に冬に流行する伝染病です。
実際には冬に流行するものだけでなく、夏に流行する伝染病もある程度治療する事が出来ます。
このため、夏に流行する伝染病の専門書はずっと作られませんでした。
今は、伝染病の治療は傷寒と温病というおおまかなくくりで治療されています。

傷寒は、風寒という邪気が体表から体内に入り込んで起こる病気と考えています。
まず最初に入ってくる場所が太陽膀胱経で、この部分に邪気があるものを太陽病とよびます。
太陽病は主に経絡に邪気が存在しますが、一部、経絡をつたわって膀胱に邪気が入り込む場合があります。
経絡に邪気がある時は桂枝湯や麻黄湯で発散して邪気を取り除きます。
膀胱に邪気が入り込んだ場合は五苓散などで利尿します。

太陽に入り込んだ邪気は直接陽明に伝わるか一旦少陽に伝わってから陽明に伝わります。
始めは寒邪だった邪気もこのあたりで化熱して熱邪と替わります。
夏の伝染病を傷寒の理論で治せるのは、このためです。

陽明は陽明胃経です。
陽明の経絡に邪気が入り込むと、高熱が出て脈が洪大となります。
この次期に良く使うものが白虎湯です。
胃の腑に邪気が入り込むと、化熱して便秘になります。
この時に使われるのが承気湯類です。

少陽は、足少陽胆経と手少陽三焦経です。
一般的に傷寒は足の経絡を重視しますので、少陽胆経との関係が深いはずですが、実際の症状は三焦経の症状が多くなります。
この時期の代表方剤は小柴胡湯です。

陽明に伝わった邪気がなかなか治らないと、病気に対する抵抗力がなくなって陰証となっていきます。
陽明の邪気が陰に転じると太陰病となります。
太陰病は太陰脾経を中心とした病気で、お腹の痛みなどが特徴です。

太陰病はやがて少陰に邪気をつたえます。
少陰腎経を中心とした病気です。
少陰病の特徴は、寒熱の違いがある事です。
少陰の寒証は身体を温める力が不足して、体力も消耗した状態です。
附子など強力に温める生薬を使って陽気を回復します。
少陰の熱証は体力の低下があるものの邪気は化熱したままの状態です。
黄連阿膠湯などを使います。

少陰病が治らないと、心や腎が衰えて、命がなくなる可能性があります。
一部の病人は、持ちこたえ、厥陰病となります。
厥陰病は厥陰肝経の病気で、熱と寒のバランスが悪くなり、様々な症状があらわれます。
非常に複雑でやっかいな状態と言えます。

八綱辨証

漢方を使えば、それが漢方治療だと思っている方が多いのですが、それは正しくありません。
例えばスパゲッティで「かけうどん」を作って、それがイタリア料理を食べたと言えるでしょうか?
漢方薬は材料です。
大切なのは材料よりも調理方法です。
その調理方法が弁証論治なのです。

弁証論治にはいくつもの方法がありますが、その総括が「八綱辨証」です。
八綱は「陰陽 表裏 虚実 熱寒」を意味しています。
ただこの方法はとても大雑把な辨証なので八綱辨証だけで処方を決定する事はできません。
例えて言えば、本の目次のようなものです。

まず表裏。
表は体表、裏は内臓を表します。
表と裏の間の筋肉などは半表半裏に属します。

虚実
身体に必要なものが不足しているも状態を虚、余分なものがたまっているのを実といいます。
決して体力があるとか無いとかは関係がありません。
この部分は日本式漢方とは異なるので注意が必要です。

熱寒
単純には、身体が熱く感じるのを熱、寒く感じるのを寒としますが、熱寒の指標としては、舌の色、脈の速度や状態、口渇があるか、便秘があるか
尿の色なと色々な要素を総合して考えます。
例えば熱には虚熱と実熱があり、さらに真熱と仮熱があります。
虚熱は、陰など身体の潤いが不足して身体がほてっている状態です。
実熱は体内に邪気があり、それで熱が生じている場合です。
化熱とは、本当は寒の状態にあるのに見かけ上は熱に見えるものです。
たとえば、顔が赤く、息もハアハアとあらく、いかにも熱があるように見える状態なのに、尿が白く透明、口渇はなく、脈は沈微、下痢をして、舌の色は薄くまて時に黒苔があり湿っている。
このような場合は、この熱は真熱ではなく仮熱の可能性があります。
仮熱の場合は冷やす薬を使ってはならず、使うと悪化します。

さて、陰陽は、表裏、虚実、熱寒の総括です。
八綱は辨証論治の総括ですから陰陽は総括の総括と言われます。
表、実、熱を陽
裏、虚、寒を陰とします。
陰陽は全体のイメージをつかむのに必要です。

弁証論治

弁証論治は、体質を判断して、どの処方が適しているか判断するものです。
いくつもの方法があり、まずどの方法を用いるか考えます。

西洋医学の病名で選ぶ
方証相対
八綱辨証
気血津液辨証
六経辨証
衛気営血辨証
三焦辨証
臓腑辨証
虚実辨証

などが考えられます。
次回より、一つ一つの辨証方法について詳しく解説していきたいと思います。