Q.漢方薬に副作用ってあるんですか。

 A.  この質問は、簡単なようで実は、すごーく奥が深い問題です。

  「食品に副作用ってありますか?」と聞かれたら、あなたは何と答えますか?

  食べ物に副作用があったら困りますよね。
  でも、絶対に無いとは言えません。

  牛乳を飲んだら下利をした  これって、副作用?

  「さば」を食べたら、蕁麻疹が出来た  これは?

  食品でも、体質によって、体に合わない場合があります。

  分を取りすぎたら、血圧が上がった。

  甘い物を食べたら太った。

  脂っこいものを食べたらコレステロールが上がった。

  コーヒーを飲んだら、夜眠れなくなった。

  これだって、お〜〜きく拡大して解釈すれば、副作用かもしれません。

  食べ物のの性質を良く知って、適材適所、そしてバランスよく食べる。

  これが大切。

 実は、漢方薬もこれと同じです。
  漢方薬は病気を治すだけでなく、食品と同じように、一つ一つにその性質があります。
    例えば、
     当帰は、体を温め、血を増やす性質
     大黄は、体を冷やし、下痢をさせる性質
     麻黄は、発汗させ、体を温め、興奮させる性質
     ドクダミは、尿の出を良くし、腸の動きを良くし、そして少し冷やす性質
  漢方を使う時は、その性質を知っている必要があります。

  漢方の性質をよく理解して、
   体質に応じて、体にあったものを。
   必要な時に、必要な量だけ。
   そして、バランス良く。


 これさえ守っていれば、原則として副作用はありません。


 漢方薬の性質を知らずに、
病名だけで漢方を選んでしまうと、
副作用がおこる事もあります。


ただし、漢方薬も口に入るものですから、
食品と同じ程度にはアレルギーの可能性があります。
色々な食品にアレルギーがある場合は注意が必要です。

また、胃腸が極端に弱い場合は、胃にもたれたり、時に下痢する場合もあります。
この場合は食後に飲むようにすると良いでしょう。


トップにもどる